どうも。結婚相談所咲桜代表の櫻田です。本日は会員様からお聞きした体験談を掲載させて頂きます。なお、こちらの記事は「婚活の扉」にも掲載されておりますのでご承知おきください。

結婚と仕事どちらが大事

どうも結婚相談所咲桜代表櫻田でございます。今日は結婚をとるか仕事をとるかについて書いていきます。結論から申し上げますと「両方大事でしょ」。これはとある会員さんからのお話です。学生を卒業して就職が決まって6年目。入社当初は右も左もわからないような状態でしたが懸命に働いて後輩もたくさん入ってきて会社内での評価も上々。その6年の間は仕事に没頭していた為、彼女ができる事はなかったそうですが職場の仲間との人間関係も良好で仕事が楽しくそれなりに充実した毎日を送られていたそうです。

そんなある日

友人の紹介で彼女がてきたそうです。仕事も上手くいってるし彼女も出来た。このままこの子と結婚して普通ながらも幸せな暮らしをしていくんだろうと思われていたようです。それからの交際は順調でお付き合いしてから半年ほど経過したころ、突然会社から転勤の話が。それも2ヶ月後には異動しなければなりません。しかも関東から九州へ。すぐに彼女に相談。2人の関係は非常に良好で交際中も「将来は結婚したいね」とお互いが口にするほど仲睦まじい状況でした。彼は思いきってプロポーズをしたそうです。

「結婚してほしい」。

彼女は笑顔で「うれしい」と答えてくれました。良かった。急な話だから当然断られると思っていた会員さんはかなりほっとしたようです。数日後急な話になってしまったので取り急ぎ彼女のご両親のもとへご挨拶に。お二人ともとても温厚なお人柄ですぐに結婚を了承してくれたそうです。良かった。そう思っているとお父さんから質問が。「今後の生活はどうするんだね?」会員さん:「はい、〇月〇日には〇〇〇市へ行かなければなりませんのでまずは2人で住める場所を探さないと」。

すると彼女

彼女:「ちょっ待って。結婚はするけど私は〇〇〇市へは行かないよ。私も仕事辞める気ないし。一人で行ってね」。会員さん・ご両親「・・・・・はあ?」

結局その彼女と結婚することはなく数年が経ち会員さんは私の相談所へ入会されました。転勤先でもこの経験がトラウマとなりお付き合いした方は何人もおられたようですが結婚まで至らなかったそうです。現在は転勤する事は無いそうなので婚活するなら今だと思われ活動されています。仕事をとるか・結婚をとるか。皆さんならどうされますか?

最後に

私の個人的な考えでは会員さんも彼女さんもお二人ともついてないなと思いました。転勤と出逢ったタイミングが悪るすぎると言いますか・・誰も悪くはない気がします。しかし男の目線から考えると結婚OK→九州で2人で新生活って思っちゃいますよね。今は女性も活躍している時代ですから結婚→女性が退職という考え方は時代に合っていないのでしょうね。当然の事ですが婚約する前には結婚後の生活面もちゃんと2人で話あっておきましょう。

#結婚相談所 #静岡 #清水 #婚活 #パーティー #イベント #相談 #公務員 #自衛隊 #警察 #消防 #教員 #国家 #地方自治体 #咲桜 #sara #再婚 #婚活の扉 #仕事 #結婚