婚活実態調査2019(リクルートブライダル総研調べ)

婚活のイメージ

みなさん。こんにちは。静岡で恋活婚活サロン咲桜を運営しております代表の櫻田です。婚活で検索をしてみますと「恥ずかしい」「こっそり」という言葉がヒットしますが皆さんは婚活に対してどのようなイメージをお持ちですか?本日は婚活実態調査2019(リクルートブライダル総研調べ)のデータをもとに現代の婚活に対するイメージと実態のギャップについて書いていきます。

婚活実態調査2019(リクルートブライダル総研調べ)

全国の20代~40代の男女に婚活サービスの利用実態や意識について調査。現在の婚活の概況、サービス利用、志向性などが把握できる調査です。

婚活サービスを通じて結婚した人の状況

2018年婚姻者のうち、婚活サービスを通じて結婚した人は12.7%と過去最高に。

2018年婚姻者のうち、婚活サービスを利用していた人32.3%と過去最高に。さらに、婚活サービス利用者に限ってみると、婚活サービスを通じて結婚した人の割合は39.4%と引き続き高い水準を維持。

独身者の婚活サービスの利用状況

婚活サービス利用経験割合は23.5%と約4人に1人が婚活サービス利用経験があり、2017年調査より増加。(2017年15.6%→2018年18.1%→2019年23.5%)いずれの性年代においても利用経験割合が増加していることが特徴的。

婚活サービスごとに性年代別の利用経験割合をみると、20代・30代で男女ともネット系婚活サービスが他の婚活サービスと比較し高い。一方で、40代の女性においては、婚活パーティ・イベントの利用経験割合が他のサービスと比較し高い。

独身者の婚活サービスに対するイメージ

婚活サービスに対するイメージは利用経験者と非利用経験者でがみられる。婚活サービス利用経験者は、非利用経験者と比較し、「今後、婚活(恋活)サービスを利用する人は、周りで増えていきそう」など、前向きに捉えている割合が高い。一方で、非利用経験者は 「婚活(恋活)サービスは面倒くさいと思う」など前向きではない割合が高い。

独身者の婚活サービス成功者の特徴

婚活サービス利用者の中で成功(※)した層はどの婚活サービスにおいても利用頻度が高い。利用頻度の高さと婚活サービスにおいての成功は関係が深い。※成功とは「恋人ができた」「婚約できた」「結婚できた」のいずれか

担当研究員の注目ポイント‼

2018年婚姻者のうち、婚活サービスを通じて結婚した人は12.7%と過去最高を記録しました。また、独身者の婚活サービス利用経験も過去最高を記録。約4人1人が婚活サービス利用経験があり、いずれの性年代においても増加しているという結果となりました。
これらの背景として、婚活サービスが世の中に更に浸透してきており、周囲に利用者が増加することで、自身も利用することに対し、抵抗感がなくなっていることが大きな要因として考えられるのではないでしょうか。特にネット系婚活サービスの拡大により、婚活サービスをより身近に感じられるようになったことも影響している可能性が高いと考えています。併せて、利用者が拡大し、市場が活性化することで、事業者側のサービス品質の向上やバリエーションに富んだ婚活サービスの誕生につながり、高いマッチング精度を実現したことも、利用者の増加に影響していると考えられます。
また、婚活サービスに対するイメージを利用経験者と非利用経験者で比較したところ、利用経験者の方が前向きに捉えている割合が高いことが分かりました。これは、利用経験者が婚活サービスを実体験する中で出会いの手段の1つとして婚活サービスの有効性を高く評価しているとも考えられる一方で、利用経験のない人は婚活サービスに対するネガティブな先入観を持っているとも考えられ、実際に婚活サービスを利用することで婚活サービスへのイメージが変化すると言えるのではないでしょうか。よって、非利用経験者が一度婚活サービスを利用経験し、婚活サービスの出会いにおける有効性安心安全なサービスであることを実体験することが今後更に婚活サービスのイメージを変えていくカギとなっていくのではないでしょうか。(寺崎仁嗣さん談)

婚活を恥ずかしいと思っている人は婚活が恥ずかしいのではなく相談する事が恥ずかしいと思っていませんか?

婚活実態調査2019のデータをご覧頂きみなさん如何でしたでしょうか?現代の日本において既婚者が何らかの婚活サービスを利用していた割合はなんと約40%。以前別のブログでも書きましたが日本人は恋愛が苦手で自力で恋人(結婚相手)を見つけられる人が約33%。生涯未婚率が約25%・・・。データで表すとこの数値がかなり正確であることがご理解頂けるかと思います。現代において婚活サービスを利用する事はもはや当たり前の時代に突入しています。しかしながらツールを活用した事が無い人程ネガティブなイメージを持っており出逢いの機会を失っているのです。出逢いの機会は待っているだけではつかめません。自ら行動をおこしてみてください。まずは1歩踏み出してプロに相談してみる事から始めてみませんか?「聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥」ですよ。

出逢いを増やすツールの活用法

現在婚活サービスを利用している人が増加傾向にあり今後は増々利用者が増えると予測されています。ではどういったツールを活用すべきなのでしょうか?

上図のように現在国内においては様々なサービスが提供されています。サービスの性質上それぞれメリット・デメリットがあります。正直どれから始めたらいいか迷いますよね。はっきりと申し上げて正解はありません。人それぞれで向き不向きがありますので。結婚相相談所に入会して月に数名とお見合いをしながら婚活パーティーに定期的に参加し最終的には知人の紹介で知り合った方とご結婚された会員さんもおられますので。とにかく一人でも多くの方と接する機会作りをする事。これが一番ではないかと。咲桜では事前にお客様の事をカウンセリングさせて頂きお客様の目標達成に向けたツール選びをご提案させて頂いております。もちろんご相談は無料です。

咲桜からのご提案 重要なお知らせ 新サービス導入&料金プランの改定について

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。現在も数多くの会員の皆さんにご活動頂いてる状況ではありますが、ブライダル総研のデータにも表れていますようにネガティブイメージの中で「恋活・婚活サービスはお金がかかりそう」との意見が上位にきています。私としましても開業してから婚活業界の料金体系に関わる部分で疑問に思うところがございましたので現在料金プランの見直しを協議中です。1人でも多くの方にツールを活用して頂き出逢いの機会を提供したい。そんな思いから料金改定(より利用しやすい価格帯の設定)を決意致しました。準備が整いましたらホームページで公開させて頂きますので引き続きご愛好の程宜しくお願い致します。新サービス・新プランの概略は以下のようになります。

※どのプランも本人確認・入会審査が必須です。弊社規定によりご入会をお断りする場合がございますので予めご了承ください。会員は審査を通過された信頼できる方のみですので安心してご活動頂けます。

・新サービス恋活プラン→恋人をカップリング 登録・閲覧まで0円 デートセッティング成立で料金発生

・婚活ライトプラン→結婚相手をマッチング(データマッチング型)1年間利用された想定でご成婚された場合の総額18万円以下に設定予定

・婚活フルサポートプラン→結婚相手をマッチング(データマッチング+仲人型)1年間利用された想定でご成婚された場合の総額28万円以下に設定予定

ご意見、ご要望等ございまいたら下記までお問合せくださいませ

メール:sara@sara-shimizu.com

TEL:054-368-6451